堀内パイプ工業は、1965年(昭和40年)の創業以来、パイプ加工の分野で常に未来を見据えた事業展開を行ってまいりました。
長年培ってきた技術と経験を基盤にあらゆる設備を融合させることによって、1本の試作品から量産品までお客様のニーズにあわせた製作が可能です。

曲げ加工

鉄、アルミ、ステンレス、銅、真鍮などあらゆる素材のパイプに対応。1曲げのベンダー加工から、NCベンダーによる複合曲げ、三次元曲げ、2種類の曲げRを組み合わせた三次元曲げなどに対応します。

プレス加工

曲げ・孔開け・カット・ツブシのなどを組み合わせた多品種・少ロット生産、量産の両方に対応が可能です。

端末加工

プレス式端末加工機、回転偏芯式端末加工機により、拡管、縮管、 スプール、バルジ、フランジ、フレアなどのあらゆる端末加工に対応します。特殊形状・複合加工も対応可能です。

溶接加工

ロボット溶接機と熟練されたオペレーターにより、優れた溶接技術を実現。二輪車、自動車部品をはじめ、さまざまなパイプ加工を行っています。あらゆる材質の製品の一貫生産も可能です。

塗装・表面処理

素材内外面の塗装、メッキ、コーティング、光沢処理、表面硬化など。素材に付加価値を与え、製品の外観・耐久性を向上させます。

金型・治工具 設計・製作

図面データをもとに、素材の特性、加工精度などを考慮し工程数の割出し、複合化を慎重に検討。コストを抑えかつ生産性の向上を目指した金型の設計・製作をいたします。